2007年07月31日

食事とは:ダイエット肥満解消のためには運動だけでは不十分である。毎日食...

ダイエット肥満解消のためには運動だけでは不十分である。
毎日食べているものに少しだけ気を使えば、
身体の変化もより早くなるでしょう。
肥満気味になった原因は運動不足と不規則な食事にあると思う。
筋トレと有酸素運動で運動不足をカバーした後は、
きちんとした食事を摂るように心がけましょう。


ダイエット肥満解消のための食事としては、
たんぱく質、
炭水化物、
脂肪、
ビタミン、
ミネラルなどの5大栄養素をバランスよく摂取することが大切である。
しかし現代の食生活の問題は、
この栄養素が足りないのではなく、
取りすぎることにあります。
そして特に問題となるのが脂肪である。


現代の食生活では、
たんぱく質や炭水化物はきちんと摂取できている。
そのため脂肪を減らすことを心がけることが、
栄養バランスを考える近道となる。
あとは野菜を多く摂るように食事を考え、
適宜サプリメントなどで補給していくと完璧でしょう。


ダイエット肥満解消の秘訣は運動と食事のバランスである。
運動もそれほど毎日みっちりすることはありませんし、
食事も栄養バランスさえ見直せば、
そこまで食事量を減らす必要はありません。
余分な分は、
日々の運動が解消してしまう。
このようにバランス良くおこなうことが大切なので、
決してダイエットは辛いものではありません。
posted by ダイエット成功者 at 08:06| 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

筋肉とは:ダイエット肥満解消には運動前後のストレッチも必ずおこないまし...

ダイエット肥満解消には運動前後のストレッチも必ずおこないましょう。
ストレッチは筋肉の柔軟性を高め、
稼動域を広げてくれます。
稼動域が広がれば、
故障も減りますし、
筋肉がスムーズに動くので、
筋肉のパフォーマンスも上がり、
筋肉が燃焼しやすくなる。


ストレッチには、
運動で溜まった筋肉中の疲労物質を除去し、
筋肉のコンディションを整えてくれる役割があります。
特に運動後すぐにストレッチをおこなえば、
疲労の蓄積も少なくてすみます。
ストレッチをすることで、
筋肉を最適なコンディションにもっていくことができます。


ストレッチで注意してほしいのは、
間違えたやり方をすることで筋肉や筋を痛めてしまうことである。
筋肉は無理をして伸ばしてもいいことがありません。
それどころか痛みを感じるまで伸ばした筋肉は、
逆に収縮してしまい、
伸ばしているのに縮んでしまうという悪循環に陥ります。
グイグイと押すストレッチは危険である。


ダイエット肥満解消のためのストレッチとしては、
全身の力を抜き、
深く息を吐きながら、
伸ばしたい箇所を意識しながらジワジワ伸ばしていきます。
力任せで伸ばそうとするのではなく、
伸びようとしている筋肉をサポートしてあげるような感じでおこなうことが大切である。
posted by ダイエット成功者 at 09:50| 筋肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

肥満とは:ダイエット肥満解消のために脂肪を燃焼させるには、有酸素運動が...

ダイエット肥満解消のために脂肪を燃焼させるには、
有酸素運動が適している。
ただかなりしっかりやっていても効果が見えてくるのは1ヵ月後ぐらいからになる。
そのため更に短期間でダイエットを成功させたい場合は、
筋トレを並行しておこなうことをおすすめします。


有酸素運動だけでは短期間で効果的に脂肪を落とすという意味では少々難しい部分があります。
なぜなら、
人間の身体は有酸素運動を続けていると慣れてきてしまい、
脂肪が燃えにくくなってしまうからである。
人間の身体は適応能力が高いために、
あまり負荷の少ない運動に対しては慣れてしまうようである。


ダイエット肥満解消のためには有酸素運動に並行して筋トレを行なう方が良いでしょう。
筋トレで筋肉量を増やして基礎代謝を上げることが大切である。
その上で有酸素運動をおこなえば、
1回の運動で消費されるエネルギーは比べものにならないくらいに増えてくるでしょう。


ダイエット肥満解消のためには楽しく続けられるものでないといけないと思う。
そしてそれには短期間である程度、
目に見える形で効果を実感できないといけません。
それから辛くないものでないといけません。
適度の筋トレと、
適度の有酸素運動だけで充分にダイエットは成功すると思う。
posted by ダイエット成功者 at 06:41| 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

心拍数とは:ダイエット肥満解消のためには脂肪を落とさなくてはいけません。...

ダイエット肥満解消のためには脂肪を落とさなくてはいけません。
その脂肪を落とすために、
一番有効な方法は有酸素運動である。
有酸素運動の基礎となるのは、
心拍数である。
この心拍数が定めた値になるかが勝負となる。
つまりダイエット肥満解消のためには脂肪燃焼に最適な目標心拍数で、
どれだけ長い時間いられるかにかかっているのである。


ダイエット肥満解消の目安となる脂肪燃焼のための目標心拍数とはどのような数値なのかご存知であるか?具体的な算出方法はあるのであるが、
もう少し分かりやすく説明をしたいと思いる。
脂肪燃焼が目的ならば、
そんなに激しい運動は不要である。
ジョギングの場合なら、
一緒に走っている人とラクに話せる程度で充分である。


ダイエットをしている人で、
有酸素運動が辛いと思っている人は、
単に心拍数が高すぎるだけである。
人と話せる程度のジョギングでいいのであるから、
そんなに構える必要はありません。
有酸素運動で脂肪燃焼をするには、
あとは運動する時間と頻度だけである。


ダイエット肥満解消に必要な有酸素運動の量としては、
出来れば毎日してほしいのであるが、
最低でも週に2回程度、
1回20分以上と考えていただければ大丈夫である。
これさえしっかり守っていただければ、
脂肪は必ず減りますし、
引き締まった身体になることも出来ます。
ラベル:有酸素運動
posted by ダイエット成功者 at 07:21| 脂肪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

マッスルとは:ダイエット肥満解消のためにはインナーマッスルを鍛える必要があ...

ダイエット肥満解消のためにはインナーマッスルを鍛える必要があります。
ただインナーマッスルを鍛えるという感覚とよりは、
インナーマッスルを動かす神経を鍛え、
筋肉を効果的に動かすトレーニングをするべきである。


ところでインナーマッスルとはどのような筋肉をいうのでしょうか。
分かりやすい箇所でいうと、
股関節の場合は、
腸腰筋、
大腰筋、
小腰筋、
腸骨筋などの筋肉がインナーマッスルとなる。
特に腸腰筋は腰痛に直結する筋肉となるので、
しっかりとケアをすることが大切である。


ダイエット肥満解消のためのインナーマッスルのトレーニングは、
わざとバランスを崩すことでカンタンに出来ます。
例えば通常おこなうトレーニングをバランスボールの上でおこなうことで、
インナーマッスルも一緒に鍛えることが出来ます。
またただバランスボールの上に座っているだけでも効果があります。


ダイエット肥満解消のためにはバランスがとれる身体つくりが不可欠である。
身体のバランスが崩れていると、
不自然なところに脂肪がつきやすくなる。
不自然なところについた脂肪は、
トレーニングを続けていてもカンタンにはなくなってはくれません。

そのためダイエットは筋トレとバランスを鍛えるために、
インナーマッスルを同時にトレーニングをするといいでしょう。
posted by ダイエット成功者 at 09:40| インナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

マッスルとは:ダイエット肥満解消の秘訣は、筋トレばかりではありません。日頃...

ダイエット肥満解消の秘訣は、
筋トレばかりではありません。
日頃の姿勢もとても重要な肥満の要素となる。
全身を鏡で見てみてください。
正しい姿勢で立つことができているか?正しい姿勢で立つことができていないということは、
インナーマッスルが弱っているかもしれません。


ダイエット肥満解消に欠かせない、
正しい姿勢とはどのようなものなのでしょうか。
正しい姿勢とは、
耳・肩・腰骨が縦に一直線に並んでいる状態をいいる。
また腰骨の球さも左右揃っていることが理想である。
これが全て正しい人は、
姿勢がきれいな人である。
もしこれが上手くいかない人は、
インナーマッスルを鍛える必要があります。


姿勢がまっすぐでないということは、
骨が傾いているということである。
そしてその傾きを筋肉が支えているのである。
その骨を支える役目を果たしているのがインナーマッスルなんである。
インナーマッスルは身体のバランスを整えたり、
姿勢を保つために使われる筋肉の総称である。


姿勢が悪いままでいると、
インナーマッスルが正しい位置に戻そうとしますので、
常に力がはいった状態になる。
その結果、
インナーマッスルは動きにくい筋肉になってしまう。
そうすると表面の筋肉も動きが悪くなり、
肩こりや腰痛を引き起こすことになる。
posted by ダイエット成功者 at 09:01| 姿勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

肥満とは:ダイエット肥満解消のために筋トレを取り入れることは、短期間で...

ダイエット肥満解消のために筋トレを取り入れることは、
短期間で結果を生み出すためには非常に有効な方法である。
しかし筋肉に変化が出てくるまで、
多少の時間がかかるのも事実である。
たった15分のトレーニングでも、
目に見える変化が出てこない限りモチベーションが続かないのも事実である。


ダイエット肥満解消のために筋トレのモチベーションを保つための秘訣は、
トレーニングにメリハリをつくることが一番効果があります。
例えば、
筋トレ初期では、
運動に慣れていないために一気にやるのは危険である。
少しずつ身体を慣らすために軽い負荷で筋肉になじませるような感覚で筋トレをおこなうようにします。


その後、
筋トレが身体になじんできた頃に、
次第に負荷を増やしていって、
出来るだけの強度を筋肉にかけさせるようにします。
ここでどれだけのピークをもってこられるかが大切である。
そしてここまで筋肉を追い込むと疲労がたまりますので、
ここでは積極的に休養をします。
初期のように軽い負荷のトレーニングに戻ります。


ダイエット肥満解消のためには、
筋トレにメリハリをつけておこなうことが大切である。
全ての期間を全開でおこなっていては、
身体も気持ちももちません。
トレーニングにメリハリをもたせることで、
単調感と疲労感の蓄積を防ぐことが出来ます。
posted by ダイエット成功者 at 09:50| 筋トレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

アイソレーションとは:ダイエット肥満解消をさせるためには、日々の運動は欠かせません...

ダイエット肥満解消をさせるためには、
日々の運動は欠かせません。
そして美しくやせるためには筋トレははずせないトレーニングとなる。
筋肉質な身体は基礎代謝が高く、
動作に必要なエネルギーも多くなる。
これは筋肉がエネルギーを多く消費してくれることが、
端正な身体を作るためには必要ということである。


ダイエット肥満解消のための筋トレは大きく2つに分けられます。
まず1つめが鍛えたい部位以外の関節を動かさず、
その筋肉だけを集中的に鍛えるトレーニングでアイソレーション系トレーニングといわれている。
ただしこのトレーニングは結果がでるまでに時間がかかりますし、
マシンが必要になる。


ダイエット肥満解消のための筋トレの2つめは、
ダンベルなどを多くの関節を使って、
反動を使い持ち上げるトレーニングでマス系トレーニングといわれている。
これはアイソレーション系トレーニングと違い、
短い時間で気軽に出来るため長続きしやすいトレーニングとなる。


ダイエット肥満解消の理想的な筋トレとしては、
週に4から5回ぐらいは15分ほどのマス系トレーニングを取り入れてみましょう。
たったこれだけの時間でも継続することで筋肉は育ってきます。
そして週に1回、
アイソレーション系トレーニングをもってくることで筋肉に一層の刺激がいくはずである。
posted by ダイエット成功者 at 06:37| トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

BMIとは:ダイエット肥満解消のために自分の身体を数値化するために、よく...

ダイエット肥満解消のために自分の身体を数値化するために、
よく使われるものがあります。
それが身長と体重から肥満度を測定するBMI値と体脂肪率である。
これらの数値を利用して、
自分の身体の現状を把握することが出来ます。


ダイエット肥満解消のための指標として使われるBMI値であるが、
ボディ・マス・インデックスの略称である。
自分の身長と体重から肥満度を測定する指数となる。
体重÷身長で数値が出てきます。
自分の身長はだいたい把握できていると思いるので、
自宅の体重計で体重を量って、
BMI値を出してみましょう。


BMI判定表によると、
導き出された数値が17.6以下だとやせすぎとなり、
17.6から20だとやせ気味、
20から24だと正常となる。
24から26.5だと肥満気味、
26.5以上だと肥満と判断されます。
筋肉量や体脂肪率などの個人差はありますが、
自分の体型が平均と比べて、
どうなのかを調べる上では一つの数値となるでしょう。


ところで自分の脂肪がどの部分に多く付いているか分かっているでしょうか。
肥満には上半身肥満と下半身肥満があります。
下半身型は一般的に女性に多いと言われている。
洋ナシ型や皮下脂肪型とよばれている。
そして上半身型は男性、
女性ともに多く、
リンゴ型、
隠れ肥満型、
内臓脂肪型とよばれている。
これらのタイプの人は
生活習慣病予備軍として注意が必要である。
posted by ダイエット成功者 at 06:19| 肥満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

トレーニングとは:ダイエット肥満解消の秘訣は、何よりも身体を動かすことに尽きる...

ダイエット肥満解消の秘訣は、
何よりも身体を動かすことに尽きると思える。
確かに食事の量を減らしたりすれば、
それなりに体重は減るとは思えるが、
食事をきちんと摂れないのは楽しくありませんよね。
いろいろなダイエット食品もありますが、
お金がかかります。
その点、
運動をすることに関してはそれほどお金はかかりません。


ダイエット肥満解消のためには無駄のない運動、
トレーニングをしていかなければいけません。
自分の身体に最適なトレーニングの方法を探りながら、
効果的な量をおこなうことで、
短期間でダイエット肥満解消を実感できるような、
身体に変身することができるはずである。
まずはそのためには自分の身体の現状を知る必要があります。


ダイエット肥満解消のためには、
自分の身体の現状を知る必要があります。
自分の身体を鏡に写して観察して見てください。
以前にはなかった贅肉がいたるところに付いてはいないでしょうか。
まずは自分の身体の変化に注目をしてほしいと思いる。
そしてそれから具体的な数値としてあらわしていけば良いと思いる。


ダイエット肥満解消のためには、
自分の身体の現状を数値化してあらわすことも必要である。
数値化してあらわすことによって、
今後のトレーニングによる改善度合いも即座に確認することが出来るので、
モチベーションが保ちやすく、
且つトレーニングの修正も可能であるので、
大変有効である。
posted by ダイエット成功者 at 06:54| 身体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。